top of page
検索
  • 執筆者の写真Mitsuyoshi Oki

施設園芸における照明市場についてちょっと調査してみた

【元記事】

https://agriculture.einnews.com/pr_news/634165354/horticulture-lighting-market-analysis-by-applications-2023-2032-greenhouse-vertical-farming-indoor-farming


海外のニュースを調べていると、照明市場についての記事があり、ちょっと気になったので調べてみました。


元記事の内容は、園芸用照明市場についての分析を行っています。園芸用照明とは、ビニールハウスやガラスハウスに使用される照明のことで、LED照明の特性を利用することで、年間を通じて栽培が可能となり、収穫を増やすことができます。

都市農業(一般的に人口の多い都市部で行われている農業の事)、補助照明、多層栽培、日光なしの完全植物工場での栽培など、様々な用途に使用されます。

園芸用照明市場は、先進的な照明技術に対する需要の増加により、世界的にはかなりの成長が見込まれているとの事です。これらの照明設備は果物・野菜や花卉園芸(花の栽培)の栽培において使用されるため、これからの市場成長が促進されると予想されています。


元記事では垂直農業分野での園芸用照明システムの需要が増加しており、垂直農業メーカーが効率的な運用を確立することが影響しています。そのため、市場成長が促進されます。日本のメーカーでは東芝やパナソニックは、垂直農場の設置にあたり、栽培者に財政的および技術的支援を提供しているそうです。(この辺り、元記事では書かれていますが、各メーカーのページからは見つけられませんでした。恐らく海外法人の話なのでしょう。) このように垂直農業の発展も園芸用照明市場の成長を促進しているそうです。


垂直農業については、日本では本格的なものはあまり聞かれませんが、ひょっとしたら重要な生産方式になるかもしれません。

そのためには、生産物の売価が高値安定する事と安定供給が重要になると思いますが...


日本の農業だけでなく、世界の動きについても目を向けてみる事は悪い事ではないので、色々とまた海外の情報を探っていきたいと思います。



https://www.einnews.com/pr_news/634165354/horticulture-lighting-market-analysis-by-applications-2023-2032-greenhouse-vertical-farming-indoor-farming

https://www.gii.co.jp/report/mama1063763-horticulture-lighting-market-covid-impact-analysis.html

https://www.marketsandmarkets.com/Market-Reports/horticulture-lighting-market-131559722.html


閲覧数:9回0件のコメント

Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page