top of page
検索
  • GREEN OFFSHORE info チーム

【浜松市新産業創出事業file.01】実証実験がスタートします!


すでにご紹介した通りに、グリーンオフショア株式会社は令和5年度「浜松市新産業創出事業」に選出されました。


私たちは「クラウドを利用した農業向けスマート灌水サービスの開発」を行います。


浜松市新産業創出事業とは?


こちらは、静岡県浜松市が行うスタートアップのためのバックアップ制度です。同市内に事務所があり、新しい事業を立ち上げようとしている中小企業が対象。


特に、浜松市が成長7分野(次世代輸送用機器、健康・医療、新農業、環境・エネルギー、光・電子、デジタル、ロボティクス)と捉えている分野で行われています。


グリーンオフショアの本社は浜松市。

新農業を担う立場として、採択されたことを嬉しく思います。



灌水サービスを農園に導入する実証実験へ


選ばれたからには何をするのか?


ということで、2023年6月から2024年2月までの期間に、開発から製品化までの流れを進めていきます。


グリーンオフショア株式会社が取り組むのは、「灌水サービスの実証実験」。つまり、農業用ハウスの水やりシステムの自動化です。


①スマートフォンの操作で、水やりのスイッチON/OFFができる

②シンプルな機械とシステムを使うため、導入がとってもラク

③水やりにかかるスタッフの時間、労力を大きく削減できる


こんなメリットを期待しています。


協力していただける農園が決まり、9月の機器設置に向けて準備をしています。機械の導入風景や使用コメント、実験経過報告などもブログで紹介していきますので、ぜひご覧ください。


さらなる展望は水やりの最適化


この実証実験を通して、もう一歩未来に向かって踏み出したい目標があります。


現在進めている灌水サービスは、水栓のスイッチとスマートフォンを連動させて、遠隔地から水やりができるというもの。


ここに、ハウスの温湿度や日射量の計測値を測るセンサーを加えたいと思っています。


センサーの数値をもとに、クラウド上で数値を計算し、水やりの量を調整するところまで開発を進めたいのです。


「今日は快晴。暑いから水を多めに!」とか。

「今日はちょっと少なめに」など。


この実験に使用するセンサー、ソフトウエアについては、後日改めてご紹介します。




手頃なコストで使えるシステムへ


グリーンオフショア株式会社が目指す未来像は、手軽に、低コストで、無理なく使える灌水サービスです。


スマートフォンでサッと水やりの指示が出せたら、ハウスからハウスへ移動する時間が激減するはず。

センサーを使って「ちょうどいい水量」で水やりができたら、無駄な灌水量を減らすことも可能に。


資源や人の時間は有限です。これらをちょうどよく使いながら、ずっと野菜をつくり続けられる環境をつくる。それこそが私たちが目指す未来です。


実証実験を通して「システムの魅力」を実証しながら、改善点、コスト削減のポイントを見極めて、製品の成熟度を上げていきます!





閲覧数:19回0件のコメント

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page