top of page
検索
  • 執筆者の写真Mitsuyoshi Oki

垂直農業について調べてみた

前回の記事の中で「垂直農業」というキーワードが出てきました。

今日はこの垂直農業について調べてみます。


まず垂直農業とは、作物を垂直に積み重ねた層で栽培することです。これは、植物の成長を最適化することを目的とした環境制御技術などを取り入れ、水耕栽培、アクアポニックス、エアロポニックスなどの無土栽培技術が使用されます。


垂直農業の主な利点は、単位面積あたりの収穫量が増加することです。 (栽培層を横ではなく上に伸ばすので当たり前ですね) また、作物が同じ土地を共有しないため、より多くの種類の作物を同時に栽培することができます。 さらに、栽培は通常では屋内に配置されているため、天候の影響を受けず、極端な天候や予期せぬ天候による作物の損失が少なくなります。土地の使用が限られているため、垂直農業は地元の植物や動物に対して侵略的にはならない、隔離されているため環境の保全につながります。



垂直農業は、世界中でますます人気が高まっています。ただし、新しい食物の栽培方法への適応は、世界中で均等に広がっているわけではありません。世界には、このアイデアに非常に開放的で、毎年ますます多くの垂直農場が建設されている国があります。一方で、まだ垂直農場が1つもない国もあります。


垂直農業はどのような作物に適している?


垂直農業に適している作物として、一般的に2つのカテゴリーが最も優れた選択肢とされています。ハーブとマイクログリーンは、成長が早く、水耕栽培システムに適していることから、優先されます。葉物野菜も、成長が早く、システムに適応するため、ハーブなどに次いで2番目の選択肢となっています。


ハーブとマイクログリーンは、コンパクトで成長が早いため、屋内園芸で常に人気の選択肢です。ほとんどのものが水耕垂直農業で機能しますが、最も人気のあるものは次の通りです。


バジルのさまざまな種類は、その多様性と栽培の容易さから優れた選択肢です。

コリアンダー(別名コリアンダー)は、複数の料理に最適です。

ペパーミントなどのさまざまな種類のミントは、水耕栽培システムでうまく機能します。

オレガノは、水耕栽培で栽培するための別の人気で多様なハーブです。

ホームシェフに人気のあるローズマリーは、ほぼすべての栽培システムでうまく機能します。


葉物野菜は、様々な理由で人気があります。垂直農業の世界では、それらは通常、水耕システムに最適であり、成長が早いためです。葉物野菜のカテゴリーでは、いくつかの選択肢を検討する必要があります。


チャード科のさまざまなメンバー(レインボーチャードやスイスチャードなど)は優れた選択肢です。

レタスはサラダやサンドイッチに好まれるため、好ましいオプションです。ルッコラ、バターヘッド、赤葉レタス、ロメインなどを考慮すると、常に購入者を見つけることができます。

ケールは高い栄養価により高い人気を得ています。

ほうれん草は多くのレシピに役立ちます。また、栄養価が高いサラダを作ることができます。


どの国で垂直農業が盛ん?


現在、垂直農場の数が最も多い国は米国です。アジアでは、日本、中国、シンガポール、韓国、台湾、およびタイが業界をリードしています。ヨーロッパでは、ドイツ、フランス、英国、オランダなどで垂直農場が見られます。中東諸国も遅れをとっておらず、クウェートやUAEに農場があるようです。



日本ではあまり馴染みのない垂直農業ですが、諸外国では事例も多そうですね。 この分野でも弊社の灌水技術が生かせる可能性がありそうです。引き続き調査を進めていこうと思います。




閲覧数:12回0件のコメント
bottom of page